へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相沢忠洋(あいざわただひろ)

考古学探求自宅。東京都天性。正徳小学校夜間部卒業。少年場合代、両親の離婚など恵まれない環境界にあったが、考古学に対する興風味をもち継続し、小間物などの行商をしながら石器の収集を継続した。1948年(昭和23)から1949年にかけて、群馬県新田郡笠懸(かさがけ)村(現みどり市)岩宿(いわじゅく)の切り通しの赤土の中から、黒曜石片を発見した。これが深い地層のローム層からの出土であったことから、1949年明治大学考古学探求室と共同で発掘調査し、岩宿遺形跡が旧石器場合代のものと判明、昼間の場合間本で初っ端の旧石器場合代遺形跡の発見者となった。1967年岩宿遺形跡発見により吉川英治賞を受賞。著書に自叙伝の『岩宿の発見』などがある。平成元年5月22昼間の場合間没。


スポンサーサイト

会津大塚山古墳(あいづおおつかやまこふん)

福島県会津若松市一箕(いっき)町大塚山にある前方後円墳。大塚山古墳ともいう。国指定旧形跡。1964年(昭和39)会津若松史編纂(へんさん)委員会により調査された。4世紀末ごろ築造と推定される東北地方最古の前方後円墳であり、全長90メートルを計る柄鏡(えかがみ)式前方後円墳である。後円部径約45メートル、高さ約6メートル。後円部には幅約20メートルの丘陵切断の堀をもつ。会津盆地の南東部独立丘頂部に、北向きに築造されている。内部構造は、後円部に主軸直交の2本の割竹形木棺の痕形跡(こんせき)があり、南棺は約8.7メートルの長さであり、両端粘土使用である。出土気品は国指定重要文化財。南棺では製三角縁唐草文(ぼうせいさんかくぶちからくさもん)帯三神二獣鏡、小形四獣鏡、三葉文環鶏冠大刀(かんとうのたち)、銅鏃(どうぞく)、短冊形鉄斧(てっぷ)、玉(たま)種などのほか、直弧文(ちょっこもん)のある靫(ゆき)遺残が出土。北棺も碧玉(へきぎょく)製紡錘車(ぼうすいしゃ)、小形捩文(ねじもん)鏡などが出所した。三角縁神獣鏡は岡山県鶴山丸山古墳に同笵(どうはん)がある。


明石原人(あかしげんじん)

兵庫県明石市大久保町西八木(にしやぎ)浜辺の洪積層の崩壊土中から、1931年(昭和6)直良信連れ合い(なおらのぶお)によって採集された人種の左側腰骨化石の俗称。現物は戦災により失われたが、石膏(せっこう)模型に基づいて長谷部言人(はせべことんど)が探求を行い、1948年(昭和23)ニッポナントロプス?アカシエンシスNipponanthropus akashiensisと仮称、原人段階の人種が大陸と地続きであったころの昼間の場合間本に住んでいたことを言い分した。同年、現地の発掘が行われたが、人骨化石には遭遇しなかった。長谷部の指摘する「原始的なめりはり」については、金関丈連れ合い(かなせきたけお)、吉岡郁連れ合い(よしおかいくお)は現代人の若年者にもみられるという。人骨が埋まりていた西八木層は現在ではリス‐ビュルム間氷期の堆積物(たいせきぶつ)と考えられているので、人種の進化段階としては旧人ということに入る。同層からは直良が採集し、1970年に芹沢長介(せりざわちょうすけ)も追認した石器が、ナウマン象の化石とともに出土しているが、広く承認されるまでには至っていない。なお、82年、遠藤萬里(えんどうばんり)、馬場悠男(ばばひさお)は、世界各地の猿人~現代人の腰骨との比較を行い、ロープ文場合代以降の人骨との考えを公表したが、明瞭(めいりょう)に化石化していたという実見した者たちの証言を取り上げていないこと、各段階の人骨の変異幅を考慮にいれていないことなどの疑わしいがあり、最終的な結論が出されたとはいいがたい。


阿久遺跡(あきゅういせき)

長野県諏訪(すわ)郡原村柏木(かしわぎ)、八(やつ)ヶ岳南西山麓(ろく)標高約900メートル、大早(おおはや)川と阿久川に挟まれた丘陵上にあるロープ文場合代前期の遺形跡。1975年(昭和50)以来4年間の調査で、ロープ文前期住居址(し)64軒、集石、土壙(どこう)約800基のほか、径100メートルに及ぶドーナツ状の環状集石群1基、1辺5メートル前後の方形柱列13基と、無尽蔵な土器、石器などの遺物が出土した。なかでも方形柱列と祭祀(さいし)的な環状集石群は、昼間の場合間本初っ端の発見であり、その規模、内容はロープ文場合代前期観の転換を余儀なくさせた。79年国の旧形跡に指定され、82年には遺形跡隣に収蔵庫が建設された。


握斧(あくふ)

前期旧石器文化の代表的石器。ハンドアックスhand-axe、クー?ド?ポワンcoup de poing(フランス語)、また握斧状石器ともよばれる。


プロフィール

考古学, 考古学大学,大学考古学,考古学研究,考古学研究所,橿原考古学

Author:考古学, 考古学大学,大学考古学,考古学研究,考古学研究所,橿原考古学
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。